住宅、教会の設計、耐震診断、リフォーム、無料建築相談を行っている建築設計事務所。東京都西東京市住吉町6-7-19
耐震診断�・リフォーム
耐震リフォーム・地震対策のトップページへ

 
             
耐震補強と家中まるごとリフォーム例

  
耐震診断と耐震リフォームをベースに工事費1000万円以上
          
かけて、家中まるごとリフォームをした例

2008:現在計画中の物件

T邸耐震診断及び改修工事(東京都東久留米市)

工事の実況および実績

2008:Y邸耐震診断及び改修工事(東京都小金井市)
 延床面積94.54m
2 施工:有限会社 旗持社寺工務店

 お客様は、昭和60築の住宅を購入しましたが、断熱屋山本順三さんの本に出会ったことから、セルローズファイバーを導入する
 リフォームに決めたそうです。 3月10日から解体工事が始まり、6月初旬に竣工しました。
 セルローズファイバーの断熱効果により、夏涼しくて冬暖かな家になるとともに、耐震診断と構造補強により、地震に強い家に
 変身しました。
 
08.6.6 竣工写真
 リビングの床材は、厚30の無垢杉板、天井材はヒノキを採用。 家中、木の香りに包まれています。

和室は床を35cm上げて、引出し式の収納を設置。
 
【工事記録写真】
リフォーム前の1階リビング
リフォーム前の1階和室
08.2月 リフォーム前の外観
08.3.29 撤去・補修工事(外観)
08.3.29 和室などに耐震壁設置
08.3.29 既存内装はほとんど撤去
08.4.11 セルローズファイバー断熱工事
08.5.10 内装がかなり出来てきました 08.5.10 オーナー様も進捗チェック
2007:A邸耐震診断及び改修工事(東京都杉並区)
 延床面積96.88m
2 施工:(株)東京ハウスデザイン

 お客様のご自宅は築20年以上で、地震に対する不安が
 あるとともに、冬場の寒さを何とかしたいというご要望でした。
 ある日、ゼットテクニカ山本順三さんの本に出会い、
 セルローズファイバーのすばらしさを体感されて、Z工法を
 採用したいと思われたそうです。
 その山本さんから推薦を受けて、今回の耐震診断および
 改修工事となりました。
 解体工事が始まり、床、壁、天井をはがしてみると、予想外
 の構造的な問題箇所をいくつか発見。
 すべて不良箇所の是正工事や耐震補強工事を施し、
 7月末にすべての工事を終えました。

リビング(改修後)
【改修工事後】
玄関付近 DK 2階階段
【工事記録写真】
(改修前)
DK
2階階段
リビング
既存の大梁に、重大な欠陥を発見、撤去補強を検討 07.4.28 撤去工事
07.5.24 不良大梁の交換
07.5.24 セルローズファイバー吹込 07.5.23 大梁を新しく添えて補強


2005:O邸耐震改修工事(東京都文京区)
 [施工:(株)シマ建設
 
 お客様から、「ホームページを見ました。」と連絡をいただきました。
 築30年以上の木造2階建店舗兼住宅に、耐震補強を
 兼ねてリフォームしました。
 リビングに吹抜けを設け、内外装を大胆に改修したところ、
 劇的に変身しました。
 地震に対する安心と、生活の快適さの両方を得ることができました。

【改修工事後】
 
南外観     
 
リビングの吹抜け             同左
1階リビング
2階書斎より 2階書斎収納
2階寝室より
【工事記録写真】
(改修前)
旧西外観 旧南外観 旧店舗部分
(工事中)
7.14 1階:不要な部分を撤去 土台の強度チェック 7.21基礎補修、土間コン打設

2005〜2007:H邸耐震改修工事(東京都練馬区)
 施工:(株)シマ建設
 
 お客様から、「ホームページを見ました。」と連絡をいただきました。
 築25年以上の建売住宅を、耐震補強を兼ねてリフォームをしたいとのこと。
 既存の内装をはがして見ると、梁がはずれていたり柱が曲がっていたり
 しましたが、大工さんに下地をうまく調整してもらいながら、耐震改修
 工事を行いました。
 完成までの工事を3期に分け、3年かけてほぼ改修工事を終えました。
 第3期工事では、外装に金属製サイディングを採用し、以前の外観とは
 全く違う住宅に変身しました。

【改修工事後】
階段室
玄関
改修工事前のH邸外観
【工事記録写真】
(改修後)
(改修前)
和室1 間仕切壁を取って梁補強 LDK1
和室2 和室の壁・梁補強 収納を造作
DK DKの壁筋交い補強 LDK2

1999:A邸耐震改修その他工事(神奈川県横浜市) 
施工:(株)アーク・コスモス

築30年以上の秋田邸は上にも横にも増築されていて、大変不安定な造りとなっていました。
少しの地震でもよく揺れるとのことで、新築するかリフォームするかを十分検討した結果、
横浜市の助成金を利用した耐震改修工事をすることに決まり、その第2号となりました。
お客様とは今でも、改修工事後の住み心地の変化などを話題にしています。